荷物待ちや再配達のストレスから解放

せっかくの休日に荷物受取りのために自宅待機、時間指定はしたけれどいつ来るかわからずソワソワ、女性の一人暮らしで対面受取りが不安、そんな荷物待ち・受取りストレスをOKIPPA(オキッパ)が全て解消します。

面倒な設置工事やセッティングは不要。置き配バッグOKIPPAを玄関口に吊るすだけで、在不在に関わらず自宅玄関前で荷物が受け取れます。無料のOKIPPAアプリと併用すれば、荷物がバッグに預入完了後に、アプリに配送完了通知が届きます。

専用アプリをダウンロードして特別リンクからOKIPPAバッグを購入すると5%OFF

日本郵便とYper共同で1,000名を対象に実証実験募集中

杉並区の方限定 OKIPPA無料モニター募集中!

お申し込み期限:11月23日(金)23:59まで

OKIPPAの使い方

置き配バッグ“OKIPPA”を自宅玄関前に設置し、荷物管理アプリ“OKIPPA”をダウンロードすれば準備完了です。あとは指定のネット通販サイト(*1)で買い物をするだけ。荷物が届くとアプリが配達完了をお知らせいたします。万が一、再配達になった場合も配送会社5社に対応したアプリから簡単に再配達を依頼することができます。

※1 現段階でAmazonと楽天、ZOZOTOWN、ユニクロに対応済みです。

専用アプリをダウンロードして特別リンクからOKIPPAバッグを購入すると5%OFF

置き配バッグ
"OKIPPA"の特徴

コンパクトでスペース要らず

折畳時は 13cm 四方の手のひらサイズ。同価格帯の簡易型宅配ボックスと比較して、玄関口に設置しても邪魔になりません。簡易型宅配ボックスの難点である「玄関前に宅配ボックスを出しているだけで不在とわかってしまう」といった不安もありません。一方、展開時は 120サイズ(宅配会社大箱32cmx46cmx29cm / ネット通販会社の平箱が重ねて入る大きさ)がすっぽりと入り大容量です。

独自の折り畳み構造

両端をつまんで引っ張れば一瞬で縦長になります。後は4つ折りに畳むだけなので、使用後は簡単にドアノブへ戻せます。

盗難防止機能

盗難防止策として、玄関口や玄関周辺に固定する"OKIPPA"専用ロックと、内鍵として南京錠が付属しています。専用ロックのセキュリティワイヤーは、一般的なハサミでは切断が困難な亜鉛(ビニールコーティング加工)素材を採用しています。

撥水加工生地(※)

生地には撥水加工が施されており、止水ファスナーとともに万が一の雨から荷物を守ります。
※完全防水ではございません。直接雨がかかると水が浸透する可能性がございます。洗濯はお控えください。汚れが目立ってきたら、水で薄めた合成洗剤(洗濯用洗剤・石けんなど)を柔らかい布に浸し、固く絞って表面を叩くように拭き取ってください。また、撥水効果はご利用とともに弱まりますので、市販の撥水スプレーをご利用ください。

専用アプリをダウンロードして特別リンクからOKIPPAバッグを購入すると5%OFF

荷物管理アプリ"OKIPPA"の特徴

無料のOKIPPAアプリ(iOS/Android)と併用することで受取りがもっと便利になります。自宅にいても、外出先でも、バッグに配送が完了するとアプリに通知が届きます。もちろん再配達依頼も可能です。

ネット通販で購入した商品を自動追跡

OKIPPAアプリでネット通販サイトを連携することで、購入した商品の配送状況の確認や再配達の依頼が可能です。現時点でOKIPPAアプリで対応している通販サイト及び配送会社は以下。

通販サイト:Amazon、楽天、ZOZOTOWN、ユニクロ

宅配会社:ヤマト運輸、日本郵便、佐川急便、西濃運輸、Amazonデリバリープロバイダ、楽天エクスプレス(※2018年8月20日現在)

再配達依頼がかんたん

万が一不在票が入っていたとしても、再配達依頼はアプリ一つで完結。配送会社ごとにアプリを使い分ける必要はありません。

ネット通販以外の配達ににも対応

アプリに荷物の追跡番号を登録すれば、通販サイトで購入した荷物と同様に配送状況をお知らせいたします。QRコードから追跡番号を登録することも可能です。

専用アプリをダウンロードして特別リンクからOKIPPAバッグを購入すると5%OFF

アパート/マンションオーナー様必見

広いスペースが不要、維持費不要、単身・共働き世帯にも嬉しいスマホ利用可能な置き配バッグです。宅配ボックスを設置したいとお悩みのオーナー様もぜひ導入をご検討ください。入居時にOKIPPAを配布し、賃貸人はその日から利用可能です。

集合住宅に宅配ボックスを設置する場合、一般的な必要ボックス数は入居世帯数の20~30%と言われております。メカ式(電気不要)の宅配ボックスは、約15万円〜設置できるものもあります。しかし、1ボックスあたりの容量が十分ではなかったり、長期間特定の荷物が放置されるなど、メカ式特有のデメリットもあります。

OKIPPAであれば、各世帯に個別の荷物受け取り環境を提供可能です。

置き配バッグ「OKIPPA」が目指す未来

荷物の配送には苦労しています。

「置き配」とは、所定の場所に荷物を置くことで配送(受取り)完了することですが、OKIPPAが目指すものは、こうした置き配環境を日本でも整備することです。置き配の最大の魅力は「待たずに自宅前で荷物を受け取れる」こと。

通販サイト経由の日用品の購入比率が高まる中、大切なものは従来通り時間指定で対面受取り、日用品などの単価の安い商品は置き配バッグで受取るなど、多様化する購入商品に合わせた受取り方法を選択可能にしたいと思います。

OKIPPAの普及でユーザーの利便性が上がり、配送員の負担が減り、再配達が減少して環境負荷も下がる、そんな未来をOKIPPAは目指します。普及したら、各ECサイトで送料がお得にできるOKIPPA便を作りたい!

応援宜しくお願い致します!

専用アプリをダウンロードして特別リンクからOKIPPAバッグを購入すると5%OFF

日本郵便とYper共同で1,000名を対象に実証実験募集中

杉並区の方限定 OKIPPA無料モニター募集中!

お申し込み期限:11月23日(金)23:59まで